アクアレーベル  アクアエフェクターMO  コスメ解析ドットコム

アクアレーベル アクアエフェクターMO

資生堂

アクアレーベル  アクアエフェクターMO

アクアレーベル アクアエフェクターMO の格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: △
さらさら感: △
さっぱり感: △
敏感肌適性: △
肌回復力: ×
保湿力: △
アンチエイジング力: ×
1mlあたり11 円
130 ml/1575 円

このエントリーをはてなブックマークに追加

アクアレーベル アクアエフェクターMO の解析結果

非常にシンプルな作りの製品で、おそらく仕事を期待される成分は1つ。アクアインプール。


この成分の働きに期待するのみといっても差し支えないような製品です。

成分を見ていくと、
PEG/PPG-17/4ジメチルエーテルアクアインプールと呼ばれ、毛穴の目立ちを抑制する他、角層を最適な保水環境に保つ働きがあります。
DPG(ジプロピレングリコール)はグリセリンに比べて粘度が低くさっぱりしていて使用感触がいい。溶剤としても働き、グラム陰性菌の抗菌作用を持つ。
高配合では刺激性を感じる。
PEG-10ジメチコンはシリコーン乳化剤で、ベタつきを軽減します。

総合すると、
アクアインプールは成熟保湿成分と呼ばれ、謳い文句のように潤いを整える効果が高い成分。

これはこれで有効ではありますが、いささか他の要素がオマケ程度な点が残念。
やや小ざっぱりしすぎているような気もしますので、もう少しあってもいいのかな、と思わせる内容。

アクアレーベル アクアエフェクターMO の宣伝文,商品説明:

うるおい成分ぐんぐん押し込む、美容液
うるおいを与えても与えても、乾く肌に。乳液後にパッティングするだけで、うるおい成分を押し込み、みずみずしくやわらかな肌に整えます。

アクアレーベル アクアエフェクターMO の全成分:

水, エタノール, PEG/PPG-17/4ジメチルエーテル, DPG, PEG-60水添ヒマシ油, ヒドロキシエチルセルロース, PEG-10メチルエーテルジメチコン ,クエン酸Na , EDTA-3Na, クエン酸 , トコフェロール , フェノキシエタノール, 香料

アクアレーベル アクアエフェクターMO 2015 (c)コスメ解析ドットコム