アクアヴィーナス ピュアモイスチャージェル
 コスメ解析ドットコム
[スポンサーリンク]

アクアヴィーナス ピュアモイスチャージェル


ドクターリセラ


アクアヴィーナス ピュアモイスチャージェル のオススメレベル

アクアヴィーナス ピュアモイスチャージェル の解析結果

高額ながら控えめな中身


良く言えばマイルドなのでしょうが、化粧品としてはどうなの?と疑問に思わざるをえない出来。
何がメリットなのか非常に捉えどころのない製品に仕上がっています。


キトサンは嬉しいが・・


人工皮膚素材のキトサンの配合は有益。抗菌作用、保湿作用、保護作用などをある程度持続性を持って期待できます。
ただ、それ以外はちょっとした保湿作用程度。悪く言えば100均レベルに近いようなほんわかした内容であり、値付けとあまりにアンバランスな印象が拭えず。



アクアヴィーナス ピュアモイスチャージェル の全成分:

水(海水)、BG(イモ、サトウキビ)、ジグリセリン(ヤシ)、ペンチレングリコール(植物でんぷん)、ハチミツ(蜂蜜)、メチルグルセス-10(トウモロコシ)、アラントイン(多年生植物根)、シルク(絹)、キサンタンガム(植物でんぷん)、キトサンサクシナミド(カニ)、グリセリン(ヤシ)、乳酸脂肪酸グリセリル(ヤシ)、ラウリン酸ポリグリセリル-4(ヤシ)、水酸化Na(海水)、エタノール(糖)、PEG-60水添ヒマシ油(トウゴマ)、リゾレシチン(ダイズ)、DPG(アルコール)、カルボマー(オリゴ糖)、ミリスチン酸ポリグリセリル-10(ヤシ)、ジフェニルジメチコン(ケイ素)、トリオクタノイン(パーム)、ローマカミツレ油(ローマカミツレ)、チョウジエキス(チョウジ)、カミツレエキス(カミツレ)、海塩(海水)

主な成分の解説を見るジグリセリンはグリセリン同様保湿剤として使われます。グリセリンと比較すると軽いタッチで、さらっとした感触が特徴。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
アラントインは牛の羊膜の分泌液から発見され、尿素から合成、もしくはコンフリーから抽出され原料化されている成分。抗炎症作用、細胞活性化作用が優れる 。
キトサンサクシナミドはキチン・キトサン誘導体で、ヒアルロン酸以上の保湿性、抗菌作用、創傷治癒効果を持ち、人工皮膚に使われるほど安全性と親和性が高い成分です。
ラウリン酸ポリグリセリル-4はマイルドな乳化剤で、肌刺激の心配はほとんどなく、グリセリンのしっとり感が少し感触を残します。
ローマカミツレ花油はキク科ローマンカモミールから得た精油。ヨーロッパのリンゴに似たフルーティな香調。気持ちを落ち着かせ、リラクゼーション効果を与えます。
チョウジエキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、メラニン生成を抑制、抗菌、収れん作用。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
[スポンサーリンク]

    アクアヴィーナス ピュアモイスチャージェル の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.5

  • 使用感:3
  • うるおい:3
  • 老化防止力:2
  • 素材の品質:2.5
  • 全体の安全性:4
  • 効果の持続性:2.5
  • 効果・影響力:2
  • 費用対効果:1
  • ?>ml
  • 価格/7560円
  • 1mlあたり/151.2円

アクアヴィーナス ピュアモイスチャージェル の宣伝文,商品説明:

αGri-Xをベースに、自然由来の有用成分をたっぷりと配合した美容ジェルです。
朝晩お使いいただけます。

[スポンサーリンク]
アクアヴィーナス ピュアモイスチャージェル 2015 (c)コスメ解析ドットコム