アルビオン EXAGE WHITE ホワイトセルラー クリーム コスメ解析ドットコム

アルビオン EXAGE WHITE ホワイトセルラー クリーム

ALBION

アルビオン EXAGE WHITE ホワイトセルラー クリームの格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激リスク
★★
☆☆☆
しっとり感:△
さらさら感:△
さっぱり感:×
敏感肌適性:○
肌回復力:×
保湿力:△
アンチエイジング力:△
1mlあたり200 円

このエントリーをはてなブックマークに追加

アルビオン EXAGE WHITE ホワイトセルラー クリームの解析結果

名の通り美白効果に狙った構成の低刺激クリーム。


アスコルビルグルコシド(ビタミンC誘導体)はぱっとしませんが、他のエキス類の美白効果は多少期待を持てます。
しかし、もしこの製品を使ったら白くなるのか、と聞かれれば、「いいえ」と言わざるをえないでしょう。

その美白作用は限定的で、あまり優れたものとはいえないレベル。

一般的な市販品の美白剤の方がまだレベル高そうに思えるほど。

低刺激な保湿クリームであると見れば悪くない製品なのですが、いかにも美白効果を期待させるネーミングといい、ちょっと難ありな面を覗かせる一品です。

低刺激とはいえ、トップのDPGに灼熱感を感じる方もいる可能性があるので、ここも注意。

全体としてはまずまずのスキンコンディショニング作用ですが、

ややオススメ感は少なめとなります。


主な成分の解説

アスコルビルグルコシドはビタミンCに糖をくっつけてビタミンCがすぐに分解されないように安定化した成分。
DPG(ジプロピレングリコール)はグリセリンに比べて粘度が低くさっぱりしていて使用感触がいい。溶剤としても働き、グラム陰性菌の抗菌作用を持つ。
高配合では刺激性を感じる。
メドウフォーム油は北カリフォルニア、南オレゴンなどに自生するメドウフォームの種子から抽出されたオイルで、エイコセン酸を主成分とし、しっとりと滑らかでべたつかない感触を与える。
アセチルグルコサミンは肌に浸透しやすく、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの産生を促進する作用がある浸透型保湿成分です。
エイジツエキス(ノイバラエキス)はフラボノイドによる美白、収れん作用があり、抗酸化、抗アレルギー効果も付与。
オオバナサルスベリ葉エキスは熱帯-亜熱帯に自生する常緑樹で、その葉からは美白、荒れ肌改善、抗シワ、ハリ・ツヤ効果、収れん作用が認められる。
ゲンチアナ根エキスはフランスの山地に自生するリンドウ科の植物で、苦味の強い特性から食欲増進、発毛促進、消炎、皮膚活性化作用を付与。
セイヨウニワトコ花エキスは抗炎症、抗酸化、細胞活性化作用。
ホオノキエキスはホオノキ(モクレン科)の樹皮抽出液。ホオノキオール、マグノロール、マグノフロリンなどを含み、抗炎症、抗菌作用を付与。
加水分解酵母エキスは細胞活性化、線維芽細胞増殖促進作用、免疫増強作用を付与。

アルビオン EXAGE WHITE ホワイトセルラー クリームの全成分:

有効成分:L-アスコルビン酸2-グルコシド
その他の成分:精製水,ジプロピレングリコール,濃グリセリン,1,3-ブチレングリコール,ジカプリン酸プロピレングリコール,メドウフォーム油,エタノール,セトステアリルアルコール,グリセリン脂肪酸エステル,N-アセチルグルコサミン,エイジツエキス,オオバナサルスベリエキス,ゲンチアナエキス,セイヨウニワトコ花エキス,ホオノキ抽出液,加水分解黒豆エキス,海藻エキス(1),酵母エキス(3),N-ステアロイル-N-メチルタウリンナトリウム,エデト二酸ナトリウム,オレイン酸エチル,キサンタンガム,グリセリン,ジペンタエリトリット脂肪酸エステル(1),ヒドロキシステアリン酸コレステリル,ベヘニルアルコール,ポリオキシエチレンベヘニルエーテル,メチルポリシロキサン,モノパルミチン酸ソルビタン,リン酸一水素ナトリウム,リン酸二水素ナトリウム,水酸化ナトリウム,水素添加大豆リゾリン脂質,無水エタノール,ソルビン酸カリウム,プロピルパラベン,メチルパラベン,安息香酸ナトリウム,香料,カラメル

アルビオン EXAGE WHITE ホワイトセルラー クリームの宣伝文,商品説明:

弾みも明るさも満たす薬用美白クリーム
まろやかなコクのあるベースがとけ込むようにのび広がり、角層のすみずみまで充実したうるおいで満たします。ハリ感のある明るい肌にみちびきます。
※美白とは、メラニンの生成を抑えて日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐことです。

アルビオン EXAGE WHITE ホワイトセルラー クリーム2015 (c)コスメ解析ドットコム