アトリックス ビューティーチャージ コスメ解析ドットコム

アトリックス ビューティーチャージ

花王

アトリックス ビューティーチャージ

アトリックス ビューティーチャージの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: △
さらさら感: △
さっぱり感: ×
敏感肌適性: ○
肌回復力: ×
保湿力: △
アンチエイジング力: ×
1mlあたり7.5 円
80 ml/613 円

このエントリーをはてなブックマークに追加

アトリックス ビューティーチャージの解析結果

とてもシンプルなハンドクリームと言えます。


ワセリンでフタをして、シリコンでサラサラ感を添え、柔軟性のあるコーティング効果を付与するというシンプルなイメージの一品です。

成分を見ていくと、
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
ワセリンは石油から得られる半固形の炭化水素で、粘着性が強く、油性を与え保湿効果を付与。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
安息香酸アルキル(C12-15)は軟化剤や増粘剤、エモリエント効果を狙って配合されます。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマーはアルカリで中和するとゲル化する乳化剤で、皮膜形成、ベースの安定化に使われます。

総合すると、
特別優れた特徴は見いだせませんが、単純に肌に隙間の少ないコーティングをかぶせ、
肌の内側の水分を逃さないようにするタイプの製品です。
これでなくてはいけない、ということは全くないものの、使って悪い気がするようなものでもないでしょう。

ごくごく普通にシンプルにハンドケアをしたいという方向けです。

アトリックス ビューティーチャージの宣伝文,商品説明:

乾燥してハリを失いキメがみだれがちな手肌に、内側まですうとなじむハンドクリームです。
手肌にたっぷりうるおいを満たし、見せたくなるような、うっとり手肌に導きます。 植物性コラーゲンC、グリセリン配合。

アトリックス ビューティーチャージの全成分:

水、グリセリン、ワセリン、ステアリン酸グリセリル、セタノール、ミリスチン酸ミリスチル、ジメチコン、安息香酸アルキル(C12-15)、オタネニンジンエキス、ステアリン酸PEG-40、カルボマー、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー、エタノール、水酸化Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

アトリックス ビューティーチャージ2015 (c)コスメ解析ドットコム