ビューナ ボディクロケシーラー コスメ解析ドットコム

ビューナ ボディクロケシーラー

コモライフ

ビューナ ボディクロケシーラーの格付け

★★★★★

皮膚刺激リスク
☆☆☆☆
品質:◯
使用感:◯
使う価値:◯
うるおい:X
アンチエイジング:△
:影響力:◎
1mlあたり152 円

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビューナ ボディクロケシーラーの解析結果

タトゥーも消す、ボディファンデ。

圧倒的なカバー力でしみ・傷跡・タトゥーも見えなくしてしまう、
機能的で強力なファンデーション。



強力なのに薄付き

いわゆる厚塗り感とは無縁。 カバー力が強力なのに、薄付きでしっかり密着。
ソフトフォーカス効果で自然な仕上がりに。



密着性の高さ

シルフォーム フレキシブルレジンの配合で、肌の動きを追従しながら密着し、持続性の高さを発揮。



VC-IP(油溶性ビタミンC)による抗酸化作用

肌に浸透して抗酸化作用を発揮。アンチエイジング効果、美白作用を48時間以上付与するというパワフルな整肌作用も添加されています。





主な成分の解説

酸化チタンは非常にきれいな白色の顔料で、紫外線散乱剤としても用いられる無機化合物です。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
シクロペンタシロキサンは揮発性のシリコーンオイルで、さらっとした感触を残し、揮発していくので肌への残存感がありません。
パラフィンはロウソクやクレヨンでもおなじみのワックス成分で、化学的に安定し油性基剤として潤滑な感触を与える。
トリメチルシロキシケイ酸は耐久性のある被膜を形成し、パリっとした感触。気体透過性が高い。
マイクロクリスタリンワックスは炭化水素ロウで、延伸性、粘性、安定性、結晶抑制作用が優れた油性基剤です。
(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマーは球状シリコーンゴムパウダーをシリコーンレジンで被覆した白色球状のシリコーン複合パウダー。
マイカ(雲母)はツヤ感と透明感が特徴。花崗岩などを由来としているため、光沢が美しい特徴があります。
シリカは高い透明性と補強性を持つ二酸化ケイ素によって構成される物質。無水ケイ酸、酸化シリコンと呼ばれることも。
酸化亜鉛は"カラミン"の名で知られている収れん、抗炎症成分で、UV-Aを防御。
ポリメチルシルセスキオキサン(シルフォーム フレキシブルレジン)は高い柔軟性と耐久性の皮膜形成シリコーン。肌の動きに追従し、高い持続性を発揮。耐水性・耐油性もありサンスクリーン用途にも◯。
ステアロイルオキシステアリン酸オクチルドデシル(セラフィル847)は閉塞剤として用いられ、顔料分散性にも優れる油剤です。
テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは油溶性ビタミンCで、経皮吸収と安定性に優れた抗酸化剤。抗老化、美白、抗アクネ菌、コラーゲン産生促進、抗炎症作用を付与。

ビューナ ボディクロケシーラーの全成分:

酸化チタン、ジメチコン,シクロペンタシロキサン,トリメチルシロキシケイ酸,パラフィン,マイクロクリスタリンワックス,イソノナン酸イソノニル,酸化鉄,(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー,マイカ,シリカ,酸化亜鉛,ポリプロピルシルセスキオキサン,ヒドロキシステアリン酸エチルヘキシル,ステアロイルオキシステアリン酸オクチルドデシル,水酸化Al,ハイドロゲンジメチコン,BHT,テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

ビューナ ボディクロケシーラーの宣伝文,商品説明:

体のしみ、傷跡、色素沈着、タトゥーなどを隠すボディファンデーション。
ビタミンC誘導体配合で隠しながらケアもできる!汗や水に強い処方。

ビューナ ボディクロケシーラー2015 (c)コスメ解析ドットコム