ビューナ アイラッシュセラムEX コスメ解析ドットコム

ビューナ アイラッシュセラムEX

コモライフ

ビューナ アイラッシュセラムEXの格付け

★★★★★

皮膚刺激リスク
☆☆☆☆
品質:◎
使用感:◯
使う価値:◎
うるおい:△
アンチエイジング:◯
:影響力:◎
1mlあたり131 円

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビューナ アイラッシュセラムEXの解析結果

まつ毛の発毛剤!



これはそのまま育毛剤として採用したいほど強烈な発毛剤のように働く逸品です。


注目ポイント

合成インスリンに酸性線維芽細胞成長因子、バイオミミックによる毛包幹細胞促進剤にKGF、アデノシンからフラビンアデニンジヌクレオチド2Naまで、
まつ毛の美容液というより、発毛剤と呼んだほうが正しいであろう内容です。
さらにDDS(ドラッグデリバリーシステム)による浸透力をベースにしており、何もかもが効きそうな感じしかしない強烈な製品です。


注意点

危険性はありませんが、いたずらに目に入らないように使うべきでしょう。


総評

素晴らしいとしか言えません。まつ毛をすぐに成長させたいのならば、今すぐ試すべき並ではない効果を秘めています。
まつ毛を生やしたい、濃くしたい、早く成長させたいといった願望をお持ちの方は使わない手はありません。


主な成分の解説

水添レシチンはDDS(ドラッグデリバリーシステム)に使われるカプセル化、ナノテク素材です。
合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31はインスリン様成長因子であり、この成分の血中濃度が上昇すると多毛症になる働きを利用して、AGA系の薄毛に直接的に作用して発毛促進させる効果を期待されます。
ヒトオリゴペプチド-13FGFと呼ばれる酸性線維芽細胞成長因子で、肌の奥、真皮に浸透してコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンの成長と増殖を強力に促進。
カフェオイルヘプタペプチドー11はコーヒー酸とチモシンβの結合バイオミミック(生体模倣機能)ペプチド。毛包幹細胞増殖を促進し、育毛を促進・抗炎症効果・刺激抑制による濃い発毛を促す効果。
ヘプタペプチド-13はKGFと呼ばれるこちらも育毛促進効果成分。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。
アミノ酪酸は皮膚の血液の循環を促進。
リボフラビンビタミンB2。皮膚機能を正常に保つ効果。過酸化脂質の分解に働くグルタチオン還元酵素の補酵素。
メナジオンは合成ビタミンK。ビタミンKの全ての機能を持たないため、プロビタミンに分類される特性をもつ。
シアノコバラミンは皮膚コンディショニング効果、整肌・保湿作用を付与。
イノシトールは米ぬかの中のフィチンから抽出された成分で、ビタミンBの一種として抗シワ、皮脂抑制、保湿作用を持ちます。
ピリドキシンHCl はビタミンB6ことピリドキシンの塩酸塩。卵黄にも含まれるたんぱく質や脂肪の代謝に関わる成分で、抗アレルギー作用、皮脂コントロール、肌荒れ防止目的で配合。
フラビンアデニンジヌクレオチド2NaはビタミンB2(リボフラビン)とアデニル酸の化合物で、エネルギー代謝に関する補酵素として生体内で働きます。
アデノシン三リン酸2Naは高エネルギーによる皮膚細胞を活性化させる効果でアンチエイジング効果を付与。

ビューナ アイラッシュセラムEXの全成分:

水、水添レシチン、レシチン、オレイン酸Na、ダイズ油、グリセリン、EDTA-2Na、水酸化Na、酢酸トコフェロール、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31、ヒトオリゴペプチド‐13、カフェオイルヘプタペプチドー11、ヘプタペプチドー13、アミノ酪酸、アラニン、グリシン、イソロイシン、メチオニン、プロリン、トレオニン、バリン、アルギニン、アスパラギン酸、シスチン、ヒドロキシプロリン、ロイシン、オルニチン、セリン、トリプトファン、グルタミン酸、アスパラギン、グルタミン、ヒスチジン、リシン、タウリン、フェニルアラニン、チロシン、塩化Ca、塩化K、硫酸Mg、リン酸Na、アスコルビン酸、レチノール、パントテン酸Ca、リボフラビン、メナジオン、トコフェロール、コレカルシフェロール、ナイアシン、ピリドキシン、ビオチン、葉酸、シアノコバラミン、イノシトール、PABA、コエンチームA、チアミン二リン酸、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド、フラビンアデニンジヌクレオチド2Na、アデノシン環状リン酸、シトシン、チミン、グアノシン、グルタチオン、フェノキシエタノール

ビューナ アイラッシュセラムEXの宣伝文,商品説明:

65種類の成分凝縮(ナノソリューション)!ペプチドとVMAの保湿成分配合で、まつ毛を美しくケア!塗りやすいチップタイプ!

ビューナ アイラッシュセラムEX2015 (c)コスメ解析ドットコム