ビューナ ハイレーザーコンシーラー
 コスメ解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ビューナ ハイレーザーコンシーラー


コモライフ


ビューナ ハイレーザーコンシーラー のオススメレベル

ビューナ ハイレーザーコンシーラー の解析結果

プロ並みのコンシーラー使いが可能


4色を操り、かつ浮いてしまいにくい溶け込みやすさ、さらに色別に好ましい美容成分が加わるなど、
気が利いていてとてもナチュラル仕上げが可能なコンシーラーです。


ポイントごとに最適な色を使い分けるだけで、驚くほどナチュラルな明るい表情を作ることができるでしょう。
使用感の良さを裏打ちする質のよい油剤や、肌トラブルをついでに改善してしまいそうな美容成分を各配合し、
リッチな使用感を楽しめるであろう逸品です。



ビューナ ハイレーザーコンシーラー の全成分:

ビューナ ハイレーザー コンシーラー

主な成分の解説を見るジエチルヘキサン酸ネオペンチルグリコールは低粘性で軽いタッチの優れた乳化剤。難溶性シリコーンや紫外線吸収剤も溶解するが、べたつかないのが特徴。
エチルヘキサン酸セチルはさっぱりした感触に基剤向けエステル。延びがよく肌なじみが良い。
トリエチルヘキサノインは分岐構造を持ち乳化力に優れ、加水分解安定性が高く、さっぱりした感触のエステル油。
セレシンは地ロウと呼ばれ、石油産地付近で採れる炭化水素からなるオゾケライトを精製したオイル。パラフィンより融点が高く、口紅などのオイルゲルベースの構造を増強。
カルナウバロウはブラジルワックスと呼ばれ、ヤシの葉由来で融点の高いエステル油が多く含まれるロウ成分です。
キャンデリラロウは自らを乾燥から守るために分泌している樹液を茎から抽出した天然の植物ロウで、アレルギー性が低く光沢と固さを与える。
ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチルはツヤと抱水性に優れたエステル油です。
白金・銀は抗酸化作用の触媒として働き、永続的に活性酸素を除去、また消臭効果も付与。
マイカ(雲母)はツヤ感と透明感が特徴。花崗岩などを由来としているため、光沢が美しい特徴があります。
クロレラエキスはβ-カロチン、ビタミンB群などが多く含まれ、皮膚細胞活性化作用、保湿効果を与えます。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
グルコサミンHCl,アルゲエキス,酵母エキス,尿素,水はα-ヒドロキシ酸より優れた皮膚代謝促進剤で、皮膚刺激のないピーリング剤として用いられる。
加水分解酵母エキスは細胞活性化、線維芽細胞増殖促進作用、免疫増強作用を付与。
アーチチョーク葉エキスはシナロピクリンという活性物質が遺伝子の転写因子Nuclear Factor-kappa Bを強く抑制する効果があり、皮膚アレルギーや光老化などを防ぐ作用を付与します。
アルゲエキスはミトコンドリアを保護し、皮膚細胞活性化、皮膚のトーンを明るくします。
パルミチン酸レチノールはビタミンA誘導体で、抗シワ、抗老化、たるみ、シミ、乾燥を防ぐ効果を付与。
[スポンサーリンク]

    ビューナ ハイレーザーコンシーラー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:4.5

  • 素材の品質:4.5
  • 安全性:4.5
  • 使用感:4.5
  • 持続性:4.5
  • 費用対効果:4.5
  • ?>ml
  • 価格/2700円
  • 1mlあたり/562.5円

ビューナ ハイレーザーコンシーラー の宣伝文,商品説明:

ばれない・シミにしない!モデル級に肌が変わる 地デジ4色コンシーラー登場!!

美肌成分も贅沢に配合し、今までの隠すだけの コンシーラーではなく、同時にトラブルケアもできます!

[スポンサーリンク]
ビューナ ハイレーザーコンシーラー 2015 (c)コスメ解析ドットコム