ビューナ 恋するageクレンジングジェル コスメ解析ドットコム

ビューナ 恋するageクレンジングジェル

コモライフ

ビューナ 恋するageクレンジングジェル コスメ解析ドットコム

ビューナ 恋するageクレンジングジェルの格付け

★★★★★

皮膚刺激リスク
★★
☆☆☆
しっとり感:△
さらさら感:○
さっぱり感:△
敏感肌適性:△
肌回復力:×
保湿力:×
アンチエイジング力:×
1mlあたり10円(ビューナ 恋するageクレンジングジェル)

ビューナ 恋するageクレンジングジェルの解析結果

ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルベースということで、
シリコン系の難溶性皮膜もオフできる非イオン界面活性剤です。
親油性が比較的高く、分子量が低いということで、クレンジング力がしっかりあり、
なおかつ洗浄力も期待できるでしょう。
ヤシ油の分子量の低さから刺激性を心配される方もいらっしゃるでしょうが、
これはポリエチレングリコールが付加されているので
全体の分子量は大きめになり、肌に浸透して肌バリヤを乱すことは通常の使用では心配ありません。

PPG-14ジグリセリルも難溶性成分の乳化が得意な乳化剤です。
いずれもグリセリンの感触が残り、しっとりした仕上がり感がありますが、
脱脂力、乳化力が優れていますのでケアを必ず行いましょう。
リピジュア配合。請託膜類似保湿成分です。

サンザシエキスは抗菌・収れん・保湿作用、ナツメは抗アレルギー作用が期待されます。
果物エキスがさわやかな使用感。
アルゲエキスはDNA修復作用があると言われています。
ゲンチアナ根エキスは過酸化脂質の生成を抑制。

カルボマーを水酸化Kで中和してゲル化しています。
全体的には、クレンジングとしてしっかり機能する製品といえます。
ウォータープルーフ系のメイクのクレンジングにも、皮脂を落とすための洗顔という役割もこなしますし、
お風呂で多少お湯に触れていても使えるので便利です。
また、余分なオイル感を残さない構成ですので、クレンジング後のぬるつきがあまりないでしょう。
一見とてもマイルドな脱脂力のように感じますが、
実際にはしっかり仕事をしていますので、
洗顔後のケアもしっかりしましょう。

ビューナ 恋するageクレンジングジェルの宣伝文,商品説明:

よく落ちてお肌にやさしいクレンジングジェルです。

ジェルをなじませるとアイメイクもするんと落ちて、W洗顔不要。

(気になる方はクレンジング後洗顔してください)合成界面活性剤フリー・鉱物油フリー・アルコールフリー・防腐剤(パラベン)フリー・合成着色料フリー・合成香料フリー。

ビューナ 恋するageクレンジングジェルの全成分:

水、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、PPG-14ジグリセリル、ペンチレングリコール、1.2-ヘキサンジオール、ポリクオタニウム-51、BG、サンザシエキス、ナツメ果実エキス、グレープフルーツエキス、リンゴエキス、ライム果汁、オレンジ果汁、レモン果汁、アルゲエキス、ヒアルロン酸Na、ゲンチアナ根エキス、ラベンダー油、カルボマー、水酸化K

ビューナ 恋するageクレンジングジェル2015 (c)コスメ解析ドットコム