クリスチャンディオール カプチュール XP ニュイクリーム

クリスチャンディオール

cd5

クリスチャンディオール カプチュール XP ニュイクリームの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: △
さらさら感: △
さっぱり感: ×
敏感肌適性: △
肌回復力: ×
保湿力: △
アンチエイジング力: ×
1mlあたり388 円(クリスチャンディオール カプチュール XP ニュイクリーム)
50 ml/19425 円

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスチャンディオール カプチュール XP ニュイクリームの解析結果

昼夜用クリームとして、デシルオキサゾリジノンやアデノシンといった成分が珍しい一品ですが、
前者は保湿・ハリ付与の可塑剤としても使われる成分、アデノシンは超微量&クリームに配合されてもあまり特徴がない成分と見て良いでしょう。
その他はシリコン、乳化剤、油性成分、保湿エキスくらいのもので、驚異的な値付け(2万円近い!)に見合った商品とは間違っても言えません。
値段が10分の1以下の市販品の方が有効なものもたくさんあるくらい、この製品はメリットを享受しにくい一品といえます。

クリスチャンディオール カプチュール XP ニュイクリームの宣伝文,商品説明:

寝ている間に肌に働きかけ、押し返すような充実のハリと弾力に満ちた、なめらかな素肌へと導くナイトクリーム(ブランド)です。

クリスチャンディオール カプチュール XP ニュイクリームの全成分:

水、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、グリセリン、水添ポリイソブテン、フェニルトリメチコン、カプリリルメチコン、ペンチレングリコール、ステアレス-21、イソノナン酸セテアリル、メタクリル酸メチルクロスポリマー、ジメチコン、セタノール、水添ココグリセリル、ステアリルアルコール、フェノキシエタノール、ステアレス-2、デシルオキサゾリジノン、BG、ベヘニルアルコール、(ジメチコン/フェニルビニルジメチコン)クロスポリマー、ソルビトール、カルボマー、ポリアクリルアミド、酢酸トコフェロール、アルギン酸Na、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ジメチコノール、ナンキョウソウ葉エキス、(C13.14)イソパラフィン、キサンタンガム、水酸化Na、香料、カプリリルグリコール、EDTA-4Na、ヒアルロン酸Na、ポリビニルアルコール、ゼニアオイエキス、ダイズ粉加水分解物、アデノシン、セルロースガム、ラウレス-7、トコフェリルリン酸Na、リナロール、リモネン、α-イソメチルイオノン、シトロネロール、ゲラニオール、オクラ果実エキス、クマリン、BHT

クリスチャンディオール カプチュール XP ニュイクリーム2015 (c)コスメ解析ドットコム