カバーマーク(COVER MARK)セルアドバンスト ローション WX コスメ解析ドットコム

カバーマーク(COVER MARK)セルアドバンスト ローション WX

カバーマーク(COVER MARK)

カバーマーク(COVER MARK)セルアドバンスト ローション WXの格付け

★★★★★

皮膚刺激リスク
☆☆☆☆
しっとり感:○
さらさら感:△
さっぱり感:△
敏感肌適性:○
肌回復力:○
保湿力:○
アンチエイジング力:○
1mlあたり70 円

このエントリーをはてなブックマークに追加

カバーマーク(COVER MARK)セルアドバンスト ローション WXの解析結果

化粧水としては異例のレベルの高さ。


肌のハリを改善させたいときに、有力な選択肢になり得る製品の1つでしょう。
セラキュートから始まる機能的なエキスの数々がより積極的にアプローチしています。

抗酸化作用、保湿作用、アロマな香りもバランスよく配合されていますが、

メインは何と言っても肌のハリ・弾力アップといえるでしょう。

成分を見ていくと、
(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマーセラキュートというセラミド模倣構造をカチオン化し、ハリ・コシ作用が優れたアンチエイジングポリマー
加水分解ダイズタンパクはダメージ部に吸着し、保湿、補修効果を付与。
アルブチンはハイドロキノンとブドウ糖を結合させた成分で、ハイドロキノンの刺激性を除去した形です。ただ低刺激な分、メラニン合成阻害効果はハイドロキノンの35分の1に過ぎません。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
クスノハガシワ樹皮エキスは亜熱帯地域に生育する小高木のエキスで、タンニン、フラボノイドを含み収れん、抗酸化作用、抗菌作用などを付与。
クリサンテルムインジクムエキスはスリミング作用、脂肪分解作用を特徴としています。
ゴレンシ葉エキススターフルーツの葉から抽出したエキスで、コラーゲン産生促進、コラーゲン保護作用、美白作用といった抗老化作用を付与。
ソウハクヒエキスは抗炎症・美白・ニキビ抑制、紫外線防止効果。
トウキ根エキスは収れん作用、抗炎症作用、血行促進、CMC形成促進作用、バリヤ機能強化作用、抗菌作用。
トリペプチド-3はATPを誘導し、細胞活性化、表皮細胞増殖、ハリを高める効果。
ハトムギ種子エキスは保湿、肌荒れ改善、メラニン生成を抑制、表皮細胞増殖促進作用。
フユボダイジュ花エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、育毛、発汗作用、収れん作用、メラニン生成を抑制。
ベルゲニアリグラタ根エキスは抗酸化、保湿、皮脂分泌抑制作用。
ペカン殻エキスはクルミ科ペカンの種子殻から得たフラボノイドを主成分とするエキスです。抗酸化・消臭などのアンチエイジング効果を付与。
ポテンチラフルゲンスエキスは高山に自生し、寒さに強いバラ科ポテンチラ属植物のエキス。コラゲナーゼ阻害効果があり、肌のハリ・弾力を維持します。
レイシエキスは霊芝の子実体を乾燥したもの。抗酸化作用に優れ、免疫増強作用を与える。
(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマーは、低いpHでもゲルを生成し、高いチキソトロピー性により肌になめらかに拡がる感触の良い乳化剤。
(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10は透明に溶解でき、べたつかずサラサラした感触の油剤です。
チューベロース多糖体は皮膚表面を平滑化する多糖体で、月下香の白い花びらから抽出。温度による変化がほとんど起こらず、寒冷乾燥環境でも角質を確実に保湿します。
ウイキョウ果実エキスは血行促進作用、保湿作用。
アトラスシーダー樹皮油は皮脂コントロール機能や抗菌作用があり、肌を健やかに保つ効能があります。サンダルウッドのようなウッディーな香りが特徴。
オレンジ花油はネロリと呼ばれ、グリーン系を感じるフローラル調の豊かな香りが特徴。気分のリフレッシュ効果、整肌作用、肌のハリを改善する効果があります。
チョウジエキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、メラニン生成を抑制、抗菌、収れん作用。

1つ1つの成分がアクセントが効いていて、平均的な化粧水とは一線を画すクオリティとなっています。
もちろん、化粧水としては高額な部類といえる一品ではあるのですが、
この内容を見れば納得せざるを得ない部分がありますね。

実感を伴うレベルの弾力改善効果を見込まれ、肌にも低刺激、香り、保湿効果も良く、

ハイレベルなスキンコンディショナーをお探しの方には嬉しい限りの一品となるでしょう。

たるみ、シワ、乾燥といった肌の衰えに抗うなら、この製品はオススメです。

カバーマーク(COVER MARK)セルアドバンスト ローション WXの全成分:

水、BG、DPG、グリセリン、エタノール、メチルグルセス-10、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、加水分解ダイズタンパク、加水分解ヒアルロン酸、アルブチン、アロエベラエキス-1、オタネニンジンエキス、クスノハガシワ樹皮エキス、クリサンテルムインジクムエキス、ゴレンシ葉エキス、ソウハクヒエキス、トウキエキス、トリペプチド-3、ハトムギエキス、フユボダイジュ花エキス、ベルゲニアリグラタ根エキス、ペカン殻エキス、ポテンチラフルゲンスエキス、レイシエキス、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー 、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10 、PEG-40水添ヒマシ油、PEG-60水添ヒマシ油、水酸化レシチン、キサンタンガム、チューベロース多糖体、ポリソルベート20、アトラスシーダー樹皮油、ウイキョウ果実油、オニサルビア油、オレンジ花油、オレンジ油、チョウジ葉油、ノバラ油、ライム油、レモン果皮油、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン

カバーマーク(COVER MARK)セルアドバンスト ローション WXの宣伝文,商品説明:

潤いをめぐらせ、キメをふっくらと整えて、みずみずしい肌へ。
浸透力を追求して生まれた、まろやかな“水感”のテクスチャー。 角質層のすみずみまで潤いをめぐらせてキメをふっくらと整え、 弾むような明るい肌へ導く化粧水です。

カバーマーク(COVER MARK)セルアドバンスト ローション WX2015 (c)コスメ解析ドットコム