キュレル 美白乳液  コスメ解析ドットコム

キュレル 美白乳液

花王

キュレル 美白乳液  コスメ解析ドットコム

キュレル 美白乳液 の格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激リスク
★★
☆☆☆
しっとり感:△
さらさら感:△
さっぱり感:×
敏感肌適性:△
肌回復力:△
保湿力:△
アンチエイジング力:×
1mlあたり22円(キュレル 美白乳液 )
110ml/2415円

このエントリーをはてなブックマークに追加

キュレル 美白乳液 の解析結果

疑似セラミド2種類が配合、さらにカモミラET配合。
カモミラETはエンドセリンに作用する成分としてメラニン生成阻害に効果を期待できる成分。

ステアロイルメチルタウリンナトリウムは陰イオン界面活性剤で、安全性より感触を優先した結果と言える配合。
保湿作用を持ち紫外線防御効果を期待できる一品ですが、所々感触優先の処方となっており
十分にマイルドであると言うベースが作られているとはいえません。
美白効果もそれほど高いものではなく、いまひとつ。

キュレル 美白乳液 の宣伝文,商品説明:

お肌を潤いで満たしながら、美白有効成分をしっかり届ける薬用保湿乳液です。

潤い成分がお肌の奥までしっかりなじみ、お肌本来のセラミドの働きを補い、外部刺激を受けにくいふっくらと潤いに満ちたお肌を保ちます。

また植物由来の美白有効成分(カモミラET)が、メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぎます。

くすみ感のない明るく潤いに満ちたお肌に。しっとりしてお肌になじみやすい使い心地。医薬部外品。

キュレル 美白乳液 の全成分:

カモミラET*、精製水、グリセリン、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、ユーカリエキス、流動イソパラフィン、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、ジメチコン、BG、ステアリン酸POEソルビタン、長鎖二塩基酸ビス3-メトキシプロピルアミド、ステアリン酸ソルビタン、コレステロール、スクワラン、イソステアリン酸コレステリル、ステアロイルメチルタウリンNa、ステアリルアルコール、セタノール、パラベン *は「有効成分」、無表示は「その他の成分」

キュレル 美白乳液 2015 (c)コスメ解析ドットコム