エンビロン モイスチャージェル 2 コスメ解析ドットコム

エンビロン モイスチャージェル 2

プロティア ジャパン

エンビロン モイスチャージェル 2の格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激リスク
★★
☆☆☆
品質:△
使用感:x
使う価値:△
うるおい:△
アンチエイジング:◯
:影響力:◯
1mlあたり135 円

このエントリーをはてなブックマークに追加

エンビロン モイスチャージェル 2の解析結果

アンチエイジングなジェル

ビタミンC,A,レスベラトロール配合のアンチエイジングな内容。
抗酸化作用、長寿遺伝子活性化、皮膚代謝促進作用などをゲット。



影響力も小さくないが、モイスチャー要素はあまりなし

モイスチャージェル、というわりには保湿力自体はあまりない製品です。
メインは抗酸化力。そして皮膚代謝促進。
使い過ぎは難ありなほど、やや偏った効果といえる内容です。



扱いが難しいタイプ

ビタミンAは副作用の懸念もあり、皮膚の代謝も促進しすぎるのは問題であることから、
これらに特化してしまっている点は扱いを難しくさせています。
VC-IPも配合量が多いとベタつきますが、それらを解消させようという工夫も見られず、
完成度としてはいまひとつか。




主な成分の解説

(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマーはアルカリで中和するとゲル化する乳化剤で、皮膜形成、ベースの安定化に使われます。
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)は油溶性ビタミンCで、経皮吸収と安定性に優れた抗酸化剤。抗老化、美白、抗アクネ菌、コラーゲン産生促進、抗炎症作用を付与。
アスコルビン酸ビタミンCのことですが、これ単体で配合しても機能する前に分解してしまいます。
レスベラトロールはブドウなどに含まれるポリフェノールの一種で、長寿遺伝子(サーチュイン)を活性化させ細胞の老化の原因を抑制し、寿命を延ばす作用のアンチエイジング成分。
パルミチン酸レチノールはビタミンA誘導体で、抗シワ、抗老化、たるみ、シミ、乾燥を防ぐ効果を付与。
ヒマワリ種子油はセラミドを誘導し、肌バリヤを改善する効果。
コーンスターチはイネ科トウモロコシの種子から得たデンプンです。フェイスパウダー、ベビーパウダーにタルクと混ぜて配合され、展延性、密着性を高めるために用いられます。
ルイボスエキスは南アフリカ原産のアスパラサス・リネアリスより抽出されるエキス。カフェインを含まず、抗酸化作用が高い。

エンビロン モイスチャージェル 2の全成分:

水.グリセリン.ポリソルベート40.パンテノール.(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー.テトラヘキシルデカン酸アスコルビル.アスコルビン酸.トコフェロール.レスベラトロール.EDTA-2Na.パルミチン酸レチノール.ヒマワリ油.カロチン.パルミチン酸アスコルビル.ゼラチン.スクロース.コーン油.コーンスターチ.ルイボス葉エキス.ハニーブッシュ葉エキス.水酸化Na

エンビロン モイスチャージェル 2の宣伝文,商品説明:

ハリとうるおいを与え肌の輝きを高めます。
気になるエイジングサインに。