M3Dピコクリーム コスメ解析ドットコム

M3Dピコクリーム

アクアビジョン

M3Dピコクリーム <strong>コスメ解析</strong>ドットコム

M3Dピコクリームの格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激リスク
☆☆☆☆
しっとり感:△
さらさら感:△
さっぱり感:×
敏感肌適性:○
肌回復力:△
保湿力:△
アンチエイジング力:△
1mlあたり175円(M3Dピコクリーム)
30ml/5250円

このエントリーをはてなブックマークに追加

M3Dピコクリームの解析結果

モイスチャーなクリームのようですが、

ベースはホホバ・スクワランを加えた油性成分で構成、
油感の少ないさらっとしたオイルで作られています。

ポリアクリルアミドがぷるんとした感触を演出。
ユビキノンはさほど意味をなしませんが、酢酸トコフェロールは血行促進。

トレハロース、ヒアルロン酸は保湿ですが、さほど抜群ではありません。

コラーゲンも同様。
キチンは被膜作用・保湿作用、
抗炎症・抗酸化・保湿性のエキス、パルミトイルペンタプチド−4はコラーゲンの生成を促進、
セラミド1・セラミド3・セラミド62は肌バリヤに欠かせない保護成分。

フィトスフィンゴシンもセラミドの一部ですので、同様に細胞間脂質の構成成分です。
後半の有効成分は注目に値するものでしたが、
全体としては有効性というのはさほど高いとはいえない面があります。

使用感は比較的さっぱりですが、ややべたつきを感じる部分はあると思います。

しっとりした保湿作用を持つ成分も配合がありますが、効果に疑問を持つようなものも多く、
その中で有効と思われる成分は配合量が埋没気味で濃度的に効くかどうか微妙なところ。
そんなに悪くないですが、値段から考えるともうひとつレベルアップしてもいいかな、と思わせます。

M3Dピコクリームの宣伝文,商品説明:

植物エキスやセラミドなどを配合した軽やかな感触のクリームは、

つけている間中うるおいをキープし続け、みずみずしいお肌を長時間保ちます。

M3Dピコクリームの全成分:

水・水添ポリイソブテン・DPG・パルミチン酸イソプロピル・ポリアクリルアミド・オクタン酸セテアリル・ホホバ油・トレハロース・スクワラン・ユビキノン・酢酸トコフェロール・ヒアルロン酸Na・サクシニルアテロコラーゲン(魚)・カルボキシメチルキチン・シソエキス・アルカニカエキス・オトギリソウエキス・カミツレエキス・シナノキエキス・トウキンセンカエキス・ヤグルマギクエキス・ローズカミツレエキス・ダイズエキス・ラベンダーエキス・キサンタンガム・グリセリン・パルミトイルペンタプチド−4・セラミド1・セラミド3・セラミド62・フィトスフィンゴシン・コレステロール・ラウロイル乳酸Naリン酸2Na・リン酸K・カルボマー・ベタイン・ジイソステリン酸・ポリグリセリン−2・ポリソルベート20・ラウレスー7・BG・エタノール・フェノキシエタノール・メチルパラベン・プロピルパラベン・ラベンダー油

M3Dピコクリーム2015 (c)コスメ解析ドットコム