明色モイスチュアエマルジョン コスメ解析ドットコム

明色モイスチュアエマルジョン

明色化粧品

明色モイスチュアエマルジョンの格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激リスク
★★★
☆☆
品質:x
使用感:x
使う価値:x
うるおい:x
アンチエイジング:x
:影響力:△
1mlあたり4.1 円

このエントリーをはてなブックマークに追加

明色モイスチュアエマルジョンの解析結果

安全性に難あり

これはイケません。
素材を見れば一目瞭然。感触は似たようなものだが安い素材、というタイプで構成しており、
明らかに肌に無駄な負担をかけることが予想される内容です。



ベースが全然ダメ。

DPG、ステアリン酸グリセリル(SE)は、いずれも洗い流さない製品への配合が刺激性につながってしまう成分です。
前者はヒリヒリするような熱く感じる刺激を感じたり、後者は石鹸乳化なので肌を脱脂することで敏感肌にしてしまう恐れも。



全体を通して見せ場なく

ヨクイニンの配合は唯一、肌の再生効果といった有益性を予感させませすが、この製品の中では活躍の見込みなし。デメリットがより多いため。




主な成分の解説

グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
DPG(ジプロピレングリコール)はグリセリンに比べて粘度が低くさっぱりしていて使用感触がいい。溶剤としても働き、グラム陰性菌の抗菌作用を持つ。
高配合では刺激性を感じる。
ミネラルオイルは石油原油を蒸留し固形パラフィンを除去した炭化水素系油剤。
皮膚によく延び、浸透性がないため無刺激。油との相溶性が強く、クレンジング基剤としても広く使われる油剤。
水添ポリ(C6-12オレフィン)はスクワランに似た感触の油性基剤で、保湿効果、コンディショニング効果を与えます。
ステアリン酸グリセリル(SE)のような古いタイプの自己乳化型乳化剤には石けんが乳化に使われている場合が多く、これは刺激の素ともいえます。
パルミチン酸エチルヘキシルは人工的に作られたベタつきのない油で、酸化安定性や使用感が天然油より良好。
ダマスクバラ花水はダマスクバラの花を水蒸気蒸留によって得られる芳香性の水。表皮からβ-エンドルフィンの遊離を促進する作用があり、皮膚細胞代謝活性化、メラニン生成抑制作用を持つ。
ヨクイニンエキスはハトムギ種子エキスと同義。抗炎症、鎮痛、排膿作用を持ち、皮膚再生作用、保湿、抗炎症効果を狙って配合される。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ワセリンは石油から得られる半固形の炭化水素で、粘着性が強く、油性を与え保湿効果を付与。

明色モイスチュアエマルジョンの全成分:

水、グリセリン、DPG、ミネラルオイル、水添ポリ(C6‐12オレフィン)、ステアリン酸グリセリル(SE)、パルミチン酸エチルヘキシル、ダマスクバラ花水、ヨクイニンエキス、スクワラン、トリセテス‐5リン酸、ジメチコン、セタノール、ポリソルベート60、ワセリン、キサンタンガム、カルボマー、BG、トコフェロール、BHT、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

明色モイスチュアエマルジョンの宣伝文,商品説明:

肌に美容成分を与え、ふっくらやわらかくする保湿乳液。
肌の中の水分と油分のバランスをベストに導くバランシング効果で、肌のゴワつきを防ぎ、ふっくらなめらかな肌へと導きます。
肌なじみが良いスクワラン配合で、角質層へすばやく浸透してやわらかな肌に。

明色モイスチュアエマルジョン2015 (c)コスメ解析ドットコム