メルサボン ホイップフェイスウォッシュ フローラルハーブ コスメ解析ドットコム

メルサボン ホイップフェイスウォッシュ フローラルハーブ

ジャパンゲートウェイ

メルサボン ホイップフェイスウォッシュ フローラルハーブの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激リスク
★★
☆☆☆
品質:△
使用感:△
使う価値:X
うるおい:△
アンチエイジング:X
:影響力:X
1mlあたり4.6 円

このエントリーをはてなブックマークに追加

メルサボン ホイップフェイスウォッシュ フローラルハーブの解析結果

石鹸+エキス。 エキスは悪くないが・・



整肌作用で名の知れたエキス類を配合した洗顔料。ですが、
基本的には石鹸です。


注目ポイント

サボンソウ・レンゲソウ・カニナバラ・ホップといったエキス類の整肌作用は少し見どころですが、


注意点

ベーシックな石鹸をベースにしているため肌の保湿因子は逆に溶出されてしまい、整肌成分の有効性も期待するには値しないでしょう。
何しろ、すぐに洗い流してしまう上にアルカリ性の石鹸という条件下での配合で活躍の可能性は低いといえます。


総評

クインスシードエキス、プルランといった感触改善系のフィルム効果を付与する効果もある内容で、
仕上がりに多少一般的な石鹸との違いを感じることはできるでしょう。

ただし、石鹸自体のデメリットが全く緩和されておらず、皮脂のみならずバリア成分も取り去ってしまうことからデメリットの方が多くなるであろう一品といえます。


主な成分の解説

ミリスチン酸、ラウリン酸、パルミチン酸+水酸化Kのよくある石けんベースに、
ベタ グリコシルトレハロースはトウモロコシデンプン由来のトレハロースにグルコース(ブドウ糖)が数個結合した多糖体。べたつかず、高い保湿力、細胞活性化作用を付与する。
クインスシードエキスは保湿・感触改善効果。
プルランは黒酵母菌の発酵液で、グルコースが規則正しく1000個程度つながった多糖類。優れた保湿性、フィルム状に密着する性質があり、感触改善効果も。
サボンソウエキスは発汗作用、浄化作用、抗炎症作用。
ラベンダー花エキスは抗酸化作用、抗炎症、抗菌、発汗作用。
レンゲソウエキスは収れん作用。
ローズマリー葉エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制作用、メラニン生成を抑制、収斂、血行促進作用。
カニナバラ果実エキスは肌のハリを保持する作用。
ホップエキスは抗酸化作用、抗菌作用、女性ホルモン様作用による育毛効果。また、メラノサイトを活性化させる作用があり、白髪の予防も期待されます。
セージ葉エキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進作用、メラニン抑制作用、収斂作用を付与。

メルサボン ホイップフェイスウォッシュ フローラルハーブの全成分:

水、グリセリン、DPG、ラウリン酸、ミリスチン酸、水酸化K、グリコシルトレハロース、EDTA-2Na、メチルパラベン、ベタイン、クインスシードエキス、加水分解水添デンプン、プルラン、香料、サボンソウ葉エキス、ラベンダー花エキス、レンゲソウエキス、ローズマリー葉エキス、カニナバラ果実エキス、ホップ花エキス、セージ葉エキス、BG、エタノール

メルサボン ホイップフェイスウォッシュ フローラルハーブの宣伝文,商品説明:

メルサボンの洗浄成分は、石けん100%。
自然な石けんの泡立ちだから、コシもあるけど、クリーミィで、肌になめらかになじみます。

メルサボン ホイップフェイスウォッシュ フローラルハーブ2015 (c)コスメ解析ドットコム