M-mark series brown label(Mマーク シリーズ ブラウンレーベル) 肌をうるおす保湿洗顔フォーム コスメ解析ドットコム

M-mark series brown label(Mマーク シリーズ ブラウンレーベル) 肌をうるおす保湿洗顔フォーム

松山油脂

楽天市場で購入!

M-mark series brown label(Mマーク シリーズ ブラウンレーベル) 肌をうるおす保湿洗顔フォームの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激リスク
★★
☆☆☆
しっとり感:×
さらさら感:△
さっぱり感:○
敏感肌適性:△
肌回復力:×
保湿力:△
アンチエイジング力:×
1mlあたり10.8 円
このエントリーをはてなブックマークに追加

M-mark series brown label(Mマーク シリーズ ブラウンレーベル) 肌をうるおす保湿洗顔フォームの解析結果

石鹸の洗顔料で、潤わさない洗顔です。


シンプルな石鹸をベースにした、少し保湿効果を加えている洗顔フォームです。
基本的には良く目にする石鹸の構造がほぼそのままベースを構成しているため、使用感もベタつきを感じないようなさっぱり系です。

擬似セラミド、大豆タンパク、米ぬかエキスが肌の潤いを補給しますが、石鹸ですから、逆にそういった保湿要素を押し流すのが得意だったりします。
純粋な石鹸よりは幾分デメリットを軽減はしているものの、理想製品とは言い切れないとも言えます。

言い方を変えれば、アフターケアありきの、少し肌の負担をかける洗顔料であると認識しつつ使うべきでしょう。
石けん自体の悪影響は、アルカリによる肌の保湿成分溶出とセラミド生成を長時間妨げるアルカリ残留問題がありますし、
合成界面活性剤に比べて洗浄に多くの分量を必要とするため、環境にも優しいとは言えない原因になっています。


主な成分の解説

カリ石けん素地は単純な脂肪酸とアルカリによる石けんで、アルカリ性でなければ作用せず、そのアルカリ性であることが肌の保湿成分を溶出させる原因となります。
ステアリン酸グリセリル(SE)のような古いタイプの自己乳化型乳化剤には石けんが乳化に使われている場合が多く、これは刺激の素ともいえます。
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)は疑似セラミドと呼ばれ、ヒアルロン酸の2倍の保湿効果を発揮。

加水分解ダイズタンパクはダメージ部に吸着し、保湿、補修効果を付与。
コメヌカエキスは収れん作用、ヒアルロン酸分解酵素阻害効果による保湿効果。

M-mark series brown label(Mマーク シリーズ ブラウンレーベル) 肌をうるおす保湿洗顔フォームの全成分:

カリ石ケン素地、水、ソルビトール、BG、グリセリン、ミリスチン酸、ステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸グリセリル(SE)、ラウリン酸、ステアリン酸、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、イソステアリン酸、ベタイン、加水分解ダイズタンパク、ダイズエキス、コメヌカエキス、ヤシ脂肪酸ソルビタン、トコフェロール

M-mark series brown label(Mマーク シリーズ ブラウンレーベル) 肌をうるおす保湿洗顔フォームの宣伝文,商品説明:

「肌をうるおす保湿洗顔料」より洗い上がりがしっとりするよう処方しました。
植物性エモリエント成分を含む濃密な泡が肌に密着。
毛穴汚れや老廃物を吸着して落とします。
肌の状態に合わせた使い分けがおすすめです。

5つ星をかんたん購入なら
解析ストア by解析ドットコム
M-mark series brown label(Mマーク シリーズ ブラウンレーベル) 肌をうるおす保湿洗顔フォーム2015 (c)コスメ解析ドットコム