ピジョン ベビーミルクローション
 コスメ解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ピジョン ベビーミルクローション


ピジョン


ピジョン ベビーミルクローション のオススメレベル

ピジョン ベビーミルクローション の解析結果

セラミド入りのさらりとしたローション


あまり有効性は高くなく、さらに石鹸乳化の自己乳化型ステアリン酸グリセリルが入ってしまっているので、
セラミドのメリットよりも肌を脱脂してしまう心配の方が先に立つ内容に。

安心して使いたいベビー用としてはやや苦しく、ピジョンの製品の中では珍しくオススメ感のない一品になっています。



ピジョン ベビーミルクローション の全成分:

水、グリセリン、エチルヘキサン酸セチル、ステアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル(SE)、エチルヘキシルグリセリン、ステアリン酸、ステアリン酸ソルビタン、ベヘニルアルコール、イソステアリン酸コレステリル、PPG-4セテス-20、DPG、セラミド2、グリチルリチン酸2K、クエン酸Na、カルボマー、トコフェロール、ジメチコン、水酸化K、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説を見るエチルヘキサン酸セチルはさっぱりした感触に基剤向けエステル。延びがよく肌なじみが良い。
ステアリン酸グリセリル(SE)のような古いタイプの自己乳化型乳化剤には石けんが乳化に使われている場合が多く、これは刺激の素ともいえます。
ベヘニルアルコールは菜種油から抽出した油剤で、融点が高くしっとりした感触を特徴とします。乳化安定性が優れた油性成分です。
セラミド2は皮膚の角層や毛髪に多く含まれるセラミドで、特に,毛髪で88%の構成比を占める。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
[スポンサーリンク]