レドナ スキンクリアフォーム コスメ解析ドットコム

レドナ スキンクリアフォーム

natural science

レドナ スキンクリアフォーム

レドナ スキンクリアフォームの格付け

★★★★

皮膚刺激リスク
★★
☆☆☆
しっとり感:△
さらさら感:○
さっぱり感:○
敏感肌適性:○
肌回復力:△
保湿力:○
アンチエイジング力:△
1mlあたり23 円

このエントリーをはてなブックマークに追加

レドナ スキンクリアフォームの解析結果

洗顔料としてはグレードの高さを感じる一品です。


さっぱりとさせながら、肌に温和なアミノ酸系洗浄剤で構成。
オススメ度の高いクオリティの洗顔料です。

成分を見ていくと、
ココイルグリシンKはアミノ酸系洗浄剤の一種。アルカリ性を好み、弱酸性ではほとんど泡立ちもしない。アミノ酸系では最も刺激性があり、さっぱりした仕上がりだが肌には少々負担。
ラウロイルアスパラギン酸Naはラウリン酸とアミノ酸であるアスパラギン酸のNa塩が結合した洗浄成分。起泡性に優れ、洗浄力・泡保持性、泡切れの良さが優れる低刺激性の高級洗浄剤。
ココイル加水分解コラーゲンKはアミノ酸系洗浄剤の1つで、ほとんど脱脂力はありませんが保湿、柔軟性、きめ細かい泡質を与える目的で配合されます。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。

洗浄剤の構成は実にマイルドなアミノ酸系を揃える好感度高めな内容。

先頭のココイルグリシンKについてはいささか刺激的ですが、他の補助洗浄剤がとてもマイルドに刺激を緩和。

グリコシルトレハロースはトウモロコシデンプン由来のトレハロースにグルコース(ブドウ糖)が数個結合した多糖体。べたつかず、高い保湿力、細胞活性化作用を付与する。
メマツヨイグサ抽出液(月見草エキス)は他に類を見ない高いポリフェノール量と強い抗酸化作用を背景に、抗シワ、フケ抑制、消臭、ニキビケア、美白作用。
加水分解酵母エキスは細胞活性化、線維芽細胞増殖促進作用、免疫増強作用を付与。
ビフィズス菌発酵エキスは紫外線により損傷を受けたDNAを修復。また、免疫増強作用を示す。
水溶性プロテオグリカンは鮭の鼻軟骨由来の抗シワ、保湿、コラーゲン産生促進、肌荒れ改善、皮膚弾力改善効果、美白効果。
ハイブリッドローズ花エキスはAGEs(最終糖化生成物)の精製を抑制する抗糖化作用を付与し、保湿、ハリ、弾力を保持する効果。
アセチルヒアルロン酸Naは、アセチル基を持つ構造により肌と親和性を高め持続性を持たせています。
ポリクオタニウム-51リピジュアの1種で生体適合性があり、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つリン脂質ポリマー。

総合すると、洗顔料としては一般的な石けんに比べ上質なものといえます。
マイルド志向で作りながら、中性からアルカリ性に設定して余計な皮脂は取り除こうという内容。
さらに、高い保湿効果、整肌作用、抗酸化作用が補助的に肌をケアしています。
一般的な石けん洗顔よりずっと上質でデメリットが限りなく低い一品です。

レドナ スキンクリアフォームの全成分:

水,ココイルグリシンNa,水,グリセリン,ラウロイルアスパラギン酸Na,BG,グリコシルトレハロース,ペンチレングリコール,ジステリアン酸グリコール,加水分解水添デンプン,ココイル加水分解コラーゲンK,ミリスチン酸K,ココイルメチルタウリンNaヒオウギエキス,ポリグルタミン酸,メマツヨイグサ種子エキス,加水分解酵母,ビフィズス菌発酵エキス,水溶性プロテオグリカン,カミツレ花エキス,ハイブリッドローズ花エキス,ムコ多糖,アセチルヒアルロン酸Na,グリチルリチン酸2K,ポリクオタニウム-51,ノバラエキス,エタノール,メタリン酸Na,ベヘニルアルコール,オレンジ油,エチルヘキシルグリセリン,フェノキシエタノール,クエン酸Na,クエン酸

レドナ スキンクリアフォームの宣伝文,商品説明:

コラーゲンで洗い上げるツルツル洗顔フォーム
肌と同じアミノ酸とコラーゲン生まれの洗浄成分で、マイルドでやわらかな泡立ち。皮脂や汚れをきちんと落としながら、洗浄成分は肌に残さずエイジング悩みをトリートメント。

レドナ スキンクリアフォーム2015 (c)コスメ解析ドットコム