ハーバルフレッシュソープ[ホワイト]スティック コスメ解析ドットコム

ハーバルフレッシュソープ[ホワイト]スティック

ルアンルアン

ハーバルフレッシュソープ[ホワイト]スティックの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激リスク
★★
☆☆☆
しっとり感:△
さらさら感:△
さっぱり感:△
敏感肌適性:△
肌回復力:△
保湿力:×
アンチエイジング力:×
1mlあたり50 円

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハーバルフレッシュソープ[ホワイト]スティックの解析結果

基本のベースは単なる石けんですが、エキスに非常にユニークを感じる内容です。


アジア原産のエキス類による美肌効果をおまけとして享受できる石けんであります。
ただし、豚に真珠、とまではいいませんが、ベースがいかんせん安っぽい。
そして、石けんのデメリットを軽減する手を打っていない点は評価を落とします。

成分を見ていくと、
ミリスチン酸、ラウリン酸、パルミチン酸+水酸化Kのよくある石けんベースに、
ベントナイトはモンモリロナイトを主成分とした中性-アルカリ性を示す粘土成分。体積の10倍の水を吸うことができ、強力な粘性と乳化安定性を持つユニークな成分。
ハス雄しべエキスはタイ原産で、肌にハリや保湿性を付与する働き。
プエラリアミリフィカ根エキスはイソフラボン、植物性女性ホルモンといわれるミロエステロール、デオキシミロエステロールなどを含有し、美白、抗老化、皮脂抑制作用など。
その他のアジア原産エキス、アランギウムサルビホリウム樹皮エキス、ペルトホルムダシラチス樹皮エキス、ピテセロビウムテヌエ木エキス、ジンギベルカスムナル根エキスは収れん・保湿・ハリ・滑らかさを与えます。
レモングラスエキスはイネ科レモングラスより抽出されるエキスで、レモンに似た香りと抗菌、育毛、抗酸化、抗炎症作用を持つ。
アンマロク果実エキスはトウダイグサ科アムラ果実より抽出したエキスで、ビタミンCが非常にリッチに含有され抗酸化作用、抗炎症作用、コンディショニング効果を付与。
ツボクサエキスはメラニン産生抑制、コラーゲン産生促進、毛乳頭細胞増殖作用。
甘草エキスはグリチルリチンを含有する抗炎症エキスで、優れた消炎、刺激緩和作用を付与。また、グラブリジンによる美白作用も与えます。
マグワ根皮エキスは美白作用を目的。
レイシエキスは霊芝の子実体を乾燥したもの。抗酸化作用に優れ、免疫増強作用を与える。
ウコン根茎エキスはクルクミンを豊富に含むショウガ科植物の根茎抽出エキス。優れた抗炎症作用、抗酸化作用を付与。
ショウガ根エキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、抗菌作用、血行促進作用、免疫増強作用、発汗作用。
ティーツリー葉油はオーストラリア原住民の間で消毒剤として使われていた殺菌作用を持つ精油で、肌を清潔に保ち、すっきりとした芳香性を持つ。

エキスだけ見れば魅力的で、肌に有益なようにみえるのですが、
アルカリ性である石けんをベースにしている以上、デメリットの方が結果大きくなるのは避けられません。
惜しい面もありますが、肌を良くしようという目的ならば選択肢には入らないタイプです。

ハーバルフレッシュソープ[ホワイト]スティックの全成分:

水、グリセリン、ソルビトール、ステアリン酸、パルミチン酸、BG、ミリスチン酸、ラウリン酸、水酸化K、水酸化Na、炭酸Ca、ベントナイト、ハス雄しべエキス、プエラリアミリフィカ根エキス、アランギウムサルビホリウム樹皮エキス、ペルトホルムダシラチス樹皮エキス、ピテセロビウムテヌエ木エキス、ジンギベルカスムナル根エキス、レモングラス葉/茎エキス、アンマロク果実エキス、ツボクサエキス、カンゾウ根エキス、加水分解シルク、マグワ根皮エキス、チャ葉エキス、レイシエキス、アロエベラ葉エキス、ウコン根エキス、ハッカクレイシエキス、ショウガ根エキス、ライム油、ティーツリー油、トコフェロール

ハーバルフレッシュソープ[ホワイト]スティックの宣伝文,商品説明:

爽やかでさっぱりした香り

清潔感あふれるクールな香りのティーツリーと、ちょっぴりほろ苦くて甘い、フレッシュなライムの香り。
強すぎず、さわやかでクセがなく、草原で深呼吸してるような香りが、カラダの奥まで染みわたり、頭の中もスッキリクリアに。
ストレスや疲れを開放し、肌も心もすっきり。

ハーバルフレッシュソープ[ホワイト]スティック2015 (c)コスメ解析ドットコム