アンファー スカルプD フェイスウォッシュ ドライ[乾燥肌用] コスメ解析ドットコム

アンファー スカルプD フェイスウォッシュ ドライ[乾燥肌用]

アンファー

scalpdfacedry

アンファー スカルプD フェイスウォッシュ ドライ[乾燥肌用]の格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激リスク
★★★
☆☆
しっとり感: △
さらさら感: △
さっぱり感: ○
敏感肌適性: ×
肌回復力: ×
保湿力: △
アンチエイジング力: ×
1mlあたり18 円(アンファー スカルプD フェイスウォッシュ ドライ[乾燥肌用])
100 ml/1780 円

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンファー スカルプD フェイスウォッシュ ドライ[乾燥肌用]の解析結果

そもそも乾燥肌に対して石鹸という時点でお門違いなのですが、その石鹸のデメリット(肌を乾燥させてしまう!)を懸命に補おうと保湿剤を色々投入しているというのがこの製品。
ベースはその石鹸で、ミリスチン酸、ステアリン酸、パルミチン酸、ラウリン酸+水酸化Kという在り来たりで最も安上がりな製法。
ジステリアン酸グリコールはパール状に乳化する演出剤。
ステアリン酸グリセリル(SE)なんかは自己乳化型ということですが、このSEの部分は多くが石鹸。
ステアリン酸グリセリル(SE)があること自体が古い手で、かつ肌や髪に見えざる負担をかける(石鹸のデメリットによる)ことが問題です。
さらに、(カルボマー/パパイン)クロスポリマ-はピーリング効果を発揮する角質除去剤。
肌を弱らせる石鹸のデメリットに加え、守るべき角質を剥がしてしまうという効能を合わせれば、肌はどう保湿すれば良いと言うのでしょうか。
保湿成分としてヒアルロン酸、セラミド、エキス類配合がありますが、出て行く方が圧倒的に多い洗浄剤と言えるでしょう。
これで乾燥肌用とは、到底思えない一品です。
使うほどに肌の保湿力を弱らせる洗顔料と見ます。しかも、割高。

アンファー スカルプD フェイスウォッシュ ドライ[乾燥肌用]の宣伝文,商品説明:

スカルプDドライで培われた肌にやさしい洗浄力と保湿効果のある3成分(セラミド・アセチルヒアルロン酸・アラントイン)を配合し、トラブルの起こしがちなオトコ素顔を濃厚なもっちり泡で洗い上げる洗顔料です。

アンファー スカルプD フェイスウォッシュ ドライ[乾燥肌用]の全成分:

水,ミリスチン酸,グリセリン,ステアリン酸,水酸化K,ジステアリン酸グリコール,パルミチン酸,ラウリン酸,アシル(C12,14)アスパラギン酸Na,シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール,セラミド3,セラミド6-2,アセチルヒアルロン酸Na,ステアリン酸グリセリル(SE),アラントイン,(カルボマー/パパイン)クロスポリマー,ツボクサエキス,アルゲエキス,イリス根エキス,ホウセンカエキス,シロキクラゲ多糖体,ダイズ種子エキス,BG,ヒドロキシプロピルメチルセルロース,ジステアリン酸PEG‐190,PEG-8,ポリクオタニウム‐7,ポリクオタニウム-39,ペンチレングリコール,カプリリルグリコール,1,2-ヘキサンジオール,水酸化Na,アルギン酸Na,EDTA-2Na,BHT,フェノキシエタノール,香料

アンファー スカルプD フェイスウォッシュ ドライ[乾燥肌用]2015 (c)コスメ解析ドットコム