スフィーダ・リカバリービアンコ コスメ解析ドットコム

スフィーダ・リカバリービアンコ

sfida shop 凛*rin*

スフィーダ・リカバリービアンコ

スフィーダ・リカバリービアンコの格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激リスク
☆☆☆☆
しっとり感:○
さらさら感:△
さっぱり感:×
敏感肌適性:○
肌回復力:×
保湿力:○
アンチエイジング力:×
1mlあたり16 円
このエントリーをはてなブックマークに追加

スフィーダ・リカバリービアンコの解析結果

肌への負担がとても少なく、それでいて保湿力は上々。


プルラン、ハチミツ、擬似セラミドといった構成成分を見ると、エモリエント効果重視の保湿剤であるということがすぐにわかります。
黒砂糖やキトサンPCAも加わって、マイルドながらまずまずの効力といえる内容でしょう。

肌への優しさという点で間違いなく秀でているので、敏感肌の方には特に嬉しい保湿剤。
優れた低刺激性製品でありながら、保湿力に関しては及第点といえる質の良いものです。


主な成分の解説

プルランは黒酵母菌の発酵液で、グルコースが規則正しく1000個程度つながった多糖類。優れた保湿性、フィルム状に密着する性質があり、感触改善効果も。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。
黒砂糖の主成分はショ糖ですが、白砂糖との違いとしてビタミンやミネラルを豊富に含み、保湿、美白、抗菌作用などを与えます。
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)は疑似セラミドと呼ばれ、ヒアルロン酸の2倍の保湿効果を発揮。

カゼインは牛乳や豆類に含まれる複合タンパク質で、増粘、懸濁、乳化補助、柔軟剤として配合される。
カルボマーを水酸化Kで中和してゲル化。肌に負担のない乳化剤として働きます。

スフィーダ・リカバリービアンコの全成分:

水、グルコース、BG、プルラン、ホホバ種子油、アルギニン、乳糖、ハチミツ、糖/アミノ酸エステル-1、黒砂糖エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、水添レシチン、1,2ヘキサンジオール、キトサンPCA、フェノキシエタノール、カルボマー、水酸化K、カゼインNa、酢酸脂肪酸グリセリル、塩化Na、塩化K、塩化Ca

スフィーダ・リカバリービアンコの宣伝文,商品説明:

アルギニンを配合し「リカバリービアンコ」として、パッケージも新たに生まれ変わりました。
顔・肘・膝・カカト、リップクリームやクレンジングクリームにもなります。