シャレコ UVローション<日焼け止め用ローション> コスメ解析ドットコム

シャレコ UVローション<日焼け止め用ローション>

シャレコ株式会社

シャレコ UVローション

シャレコ UVローション<日焼け止め用ローション>の格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激リスク
★★
☆☆☆
しっとり感:△
さらさら感:△
さっぱり感:△
敏感肌適性:△
肌回復力:×
保湿力:×
アンチエイジング力:×
1mlあたり100 円

このエントリーをはてなブックマークに追加

シャレコ UVローション<日焼け止め用ローション>の解析結果

紫外線を反射させることで散乱され、肌を守ろうというタイプの製品です。


しかし、このパターンは肌が真っ白になってしまう可能性大。
効果も思ったほど高くなく、使用感も優れているとは到底言えないレベル。
化粧水という面が強調されているのかもしれませんが、化粧水としてもUVケア品としても中途半端で役立たずの駄作です。

成分を見ていくと、
酸化チタンは非常にきれいな白色の顔料で、紫外線散乱剤としても用いられる無機化合物です。
シリカは高い透明性と補強性を持つ二酸化ケイ素によって構成される物質。無水ケイ酸、酸化シリコンと呼ばれることも。
ラフィノースはフルクトース、ガラクトース、グルコース分子がグリコシド結合によって連なった構造の糖で、肌のラメラ構造を改善する働きを持つ保湿剤。
アルミナは光を散乱させマットな印象を与える。肌の凹凸をカバーするのに有効。
アラントインは牛の羊膜の分泌液から発見され、尿素から合成、もしくはコンフリーから抽出され原料化されている成分。抗炎症作用、細胞活性化作用が優れる 。
シアノコバラミンは皮膚コンディショニング効果、整肌・保湿作用を付与。

逆に言えば、ライトな効能に設定しているとも受け取れませすが
安くはない価格でありながら機能性もなく、効果も低い、使用感も見た目も悪いでは価値をどこに見い出せばいいのか解せません。
オススメするに値しないクオリティです。

シャレコ UVローション<日焼け止め用ローション>の全成分:

水、BG、グリセリン、酸化チタン、シリカ、ラフィノース、アルミナ、カルボマー、メチルパラベン、水酸化K、アラントイン、エチドロン酸Na、グリチルリチン2K、ヒアルロン酸Na、シアノコバラミン、シコニン

シャレコ UVローション<日焼け止め用ローション>の宣伝文,商品説明:

●さらっとしているのに、つけるとしっとりします
●スキンケア後の肌をさらに整えて、潤いベールで優しくお肌を包みます
●モチモチした感覚がたまらないUV♪
●抗炎症作用成分など配合。低刺激性。
こんなにサラサラで肌に優しいUV剤はめったにお目にかかれませんよ!

シャレコ UVローション<日焼け止め用ローション>2015 (c)コスメ解析ドットコム