トゥヴェール エッセンスセレクトゲル コスメ解析ドットコム

トゥヴェール エッセンスセレクトゲル

トゥヴェール

トゥヴェール エッセンスセレクトゲルの格付け

★★★★

皮膚刺激リスク
☆☆☆☆
しっとり感:○
さらさら感:△
さっぱり感:×
敏感肌適性:○
肌回復力:○
保湿力:△
アンチエイジング力:△
1mlあたり29 円

このエントリーをはてなブックマークに追加

トゥヴェール エッセンスセレクトゲルの解析結果

良いパフォーマンスを見せる一品です。


配合成分のチョイスは見事なアンチエイジング盛り合わせ。

抗酸化・抗糖化作用を強力に作用させる成分を山盛り配合。

一部を見てみても、油溶性ビタミンC、ピクノジェノール、オクラ種子、アスタキサンチン、Q10,フラーレン、EGF、リピジュアなど
抜群に期待値の高い成分がてんこ盛り。

とはいえ、有効濃度を考慮した見方をすると、必ずしも全ての成分が効くとは言い切れません。

少量でも高い効能であるアスタキサンチン、油溶性ビタミンC、フラーレン、トリフルオロ酢酸テトラデシルアミノブチロイルバリルアミノ酪酸ウレアなどはOKですが、他の成分では名義だけということも。

いずれにせよ、アンチエイジングに重要である抗酸化作用がメインでシワ改善効果などを狙う方に有効な一品でしょう。
擬似セラミド、セラミド、酵母、異性化糖がたっぷり保湿作用を与え、
内からもコラーゲン、ヒアルロン酸の産生を促進するような作用が期待できます。

考慮すべき点もあるとはいえ、概ねハイレベルな製品であるといえます。
アンチエイジング製品の選択肢としては悪くないでしょう。
もちろん、値段のわりにはパフォーマンスは高い方と言って差し支えないでしょう。


主な成分の解説

グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
ローズ水はセイヨウバラまたはダマスクバラの花を水蒸気蒸留によって得られる芳香性の水。表皮からβ-エンドルフィンの遊離を促進する作用があり、皮膚細胞代謝活性化、メラニン生成抑制作用を持つ。
マカデミアナッツ油はパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。
体温付近に融点があり、肌に馴染み良くタッチが良いオイルです。
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)は疑似セラミドと呼ばれ、ヒアルロン酸の2倍の保湿効果を発揮。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは油溶性ビタミンCで、経皮吸収と安定性に優れた抗酸化剤。抗老化、美白、抗アクネ菌、コラーゲン産生促進、抗炎症作用を付与。
サッカロミセス溶解質エキスはパン酵母の溶解質から得られるエキス。肌の水分量を増やして保水する作用、細胞活性化作用を持つ。
異性化糖とは、ケラチンのリジンのアミノ基と結合する糖で、強力な保水効果と抗刺激作用。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。
トリフルオロ酢酸テトラデシルアミノブチロイルバリルアミノ酪酸ウレアは皮膚のヒアルロン酸の産生促進、コラーゲン線維を強固にするデコリン、ルミカンの産生促進、皮膚のたるみを改善する。
セラミド1はN-フィトスフィンゴシンで、細胞間脂質の結合を強化する。ユニークな構造を持ち、皮膚の弾力性や抗シワ、乾燥肌の改善効果を与える。
セラミド3はN-ステアロイルフィトスフィンゴシンという名称で、とくに皮膚角層の保湿性を維持するセラミドの一種です。
セラミド6,2 (N-2-ヒドロキシステアロイルフィトスフィンゴシン)は、構造中にピーリング効果を持つAHAを結合させており、皮膚の代謝を促進し、皮膚を滑らかにする効果があるセラミド。
フランスカイガンショウ樹皮エキスは有効成分ピクノジェノールを含有。皮膚から浸透し、コラーゲン、エラスチンと結合して保護する作用、抗菌・抗酸化・抗ニキビ・抗炎症作用を付与。
ポリクオタニウム-51リピジュアの1種で生体適合性があり、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つリン脂質ポリマー。
加水分解オクラ種子エキスは抗表情ジワ、細胞活性化、整肌、抗酸化作用を付与。
ヘマトコッカスプルビアリスエキスアスタキサンチンで、β-カロテンの40倍、ビタミンEの1000倍の抗酸化作用をもつ。数少ない血液脳関門を通過する抗酸化物質。
ヒトオリゴペプチド-1EGF(上皮成長因子)という1986年にスタンレー・コーエン博士がノーベル賞を受賞した皮膚の表皮層を飛躍的に成長・再生・修復活性化させる成分。
オリゴペプチド-6は肌の基底膜、細胞間の結合を強め、基底膜の緩みを修復させるアンチエイジング機能。
オリゴペプチド-20は育毛作用を内側からIGF誘導により高めるペプチド。
オリゴペプチド-24はEGFを誘導することにより、線維芽細胞増殖促進作用、表皮細胞増殖作用を与えるアンチエイジング効果。
オリゴペプチド-34は安全性を高めた強力な抗炎症剤です。
ユビキノンはご存知コエンザイムQ10。抗酸化作用を付与します。
フラーレンは1996年クロトー博士に発見されたノーベル化学賞受賞成分で、ビタミンCの125倍の抗酸化作用、プラセンタの800倍のコラーゲン産生促進作用を持つ成分。

トゥヴェール エッセンスセレクトゲルの全成分:

水、BG、グリセリン、メチルグルセス-10、スクワラン、ローズ水、マカデミアナッツ油、ジグリセリン、ラウロイル乳酸Na、トコフェリルリン酸Na、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、水添レシチン、リゾレシチン、ペンチレングリコール、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、サッカロミセス溶解質エキス、異性化糖、PCA-Na、乳酸Na、ヒスチジン、フェニルアラニン、アラニン、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、トリフルオロ酢酸テトラデシルアミノブチロイルバリルアミノ酪酸ウレア、PCA、フィトスフィンゴシン、セラミド1、セラミド3、セラミド6II、ローズマリー葉エキス、フランスカイガンショウ樹皮エキス、グレープフルーツ種子エキス、デキストリン、ポリクオタニウム-51、加水分解オクラ種子エキス、ダイズ油、水酸化K、ダイズ種子エキス、エンドウエキス、トコフェロール、カッコンエキス、キサンタンガム、ヘマトコッカスプルビアリス油、水添ヒマシ油、シクロデキストリン、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、ホホバ種子油、レシチン、ニンジン根エキス、グリチルリチン酸2K、コレステロール、ヒアルロン酸Na、カルボマー、PVP、アスコルビン酸Na、エタノール、ヒトオリゴペプチド-1、オリゴペプチド-6、オリゴペプチド-20、オリゴペプチド-24、オリゴペプチド-34、ユビキノン、ユビキノン、フラーレン

トゥヴェール エッセンスセレクトゲルの宣伝文,商品説明:

ヒト型セラミド3種類と複合アミノ酸、酵母エキスを配合した高保湿オールインワンゲル。
フラーレン、ピクノジュノール、EGF、アスタキサンチン等濃密な美容成分をナノ化し、浸透力と効果を高めました。

トゥヴェール エッセンスセレクトゲル2015 (c)コスメ解析ドットコム